on the trip 成瀬さんのお話

ON THE TRIPのサイト

音声ガイドを制作する場合どのような形が考えられるか、お話をうかがいました。

・on the trip では基本的にひとつのお寺や美術館単位で制作しているが、広域扱うものとしては離島等で行ったことがある

・コンテンツはインタビューをもとにオンザトリップで作る

Q.武蔵野は技術を持った人が多いので地域の人に編集をやってもらうことはできますか
→A.そういう手法もある。宮崎日南では、地域を巻き込んで、参加者と一緒にイベントで行った。そういう時はどういう人を呼ぶか、人選が大事

・アプリのメンテはオンザトリップが負担で行う。中身の追加は費用がかかるが可能。
現場のプロモーションが大事。ポスター、看板。それから現地の人が促したりするだけでかなり増える。

Q.助走期間は?
→A.告知1か月、人集めも重要。すでにあてがあるなら時間はかからない。

・それぞれのはけの物語、地形、個人のエピソード、自分が好きなはけ等が考えられる。それをライターが書いていく

・iOSアプリで見れるものはブラウザで見れる。アプリのほうが速いがOSに依存しない。

2020年9月14日
はけの学校:土肥、野口、横田