武蔵野はらっぱ祭り:藤記豊士さん

武蔵野はらっぱ祭りは、1987年からくじら山とその周辺のはらっぱで毎年行われている、「ヒッピーの同窓会」と形容されるような、それでいて地元の普通の人も多い、ジャンル不明な独特のお祭りです。そんなはらっぱ祭りの立ち上げから関わってきた藤記さんに、お話をうかがいました。

場所ははらっぱ祭りとも縁が深い、国分寺の「ほんやら洞」。藤記さんはインタビュー始まりからけっこうなペースで焼酎を飲んでいます。顔がやや火照ってきてはいるものの言葉や足元もはっきりしていて、「ここで酔ったことないから大丈夫。ラビさん(ほんやら洞オーナーではらっぱ祭り常連のミュージシャン)に聞いてごらん」と余裕の様子です。

学生運動とはらっぱ祭り

武蔵野はらっぱ祭りは、国分寺のけやき公園で第1回が行われて、ただその時の名称は「国分寺deアンデパンダン」。
(アンデパンダンは、無審査・無賞・自由出品を原則とする美術展)

アンデパンダンは全国的にあった。演劇や音楽やいろいろなのがあって、僕は山谷の映像を持ってきて流したりした。炊き出しとかの支援活動をしてたから。年末年始なんかだと、酔っぱらって寝ると死んじゃうから「人民パトロール」っていって見回りしたりね。

国分寺周辺は大学が多くて、人が集まってきてた。鉄道学園もあったし。ヒッピーの拠点「ほら貝」があったり。学芸大の人とそこに飲みに来たりしてた。

たまたま知り合った学芸大の学生が入っていた「マルクス労働者同盟(マル同盟)」に入って、それで学芸大にしょっちゅう遊びに行っててね。ゲバ棒は持っていないけど、火炎瓶は持ってた。

出身は新宿高校。坂本龍一が1年後輩だった。新宿高校は学年で400人、だから全体で1000人ちょっとだけど、僕らの頃でも200人以上が反安保で立ち上がった。
受験校で東大に向けた特別考査というのがあって、東大にばんばん放り込んでてね。それを廃止しろと学校に要求して音頭をとったのが、坂本龍一や塩崎恭久。6項目要求というのを作った。

けやき公園での国分寺deアンデパンダンでは、禁止されてたアンプを確信犯(故意犯)的にやって、警官は来るわ地元の苦情も来るわ。僕が苦情処理係をやったんだけど、めちゃくちゃ大変だったよ。
けやき公園は二度と使わせないと国分寺市から言われた。まあできなくなるのは当たり前。ただ祭りが面白いという人もいた。

またやりたいなと思って場所を探している時に、小金井に知っている人がいて、「わんぱく夏祭り」や「回帰線保育所」の仲間で、それでアンドウさんたちとつながった。あそこ(くじら山とはらっぱ)ならできるんじゃないかってなって。でも場所を使うための相談をしにいったら断れられて、必要なのは公的なお墨付きだと言われて、地元の町内会の承諾書を取って歩いたよ。

はらっぱ祭りのいいだしっぺは留(トメ。本名はフジタニさん)。多摩美の創立者の孫。でも途中でトメがやめてしまって、実行委員長が自分に回ってきて。

はらっぱ祭りも最初は当然あまり人がこなかった。出演も有名なのは西岡恭蔵さんくらいかな。3回目か4回目から規模が多くなった。ラビさん、高田渡さんが何年か。それから中川五郎さん。タミさん、ジュウベイ。出演は、たとえば高田渡さんが来てたら、じゃあやってもらおうかなみたいなノリもあったな。

祭りの出店料を売り上げの何パーセントとかってしているところもあるけど、僕らは遊ぶためにやってるから、儲けどうこうじゃない。今の経済のシステムじゃないもの、僕らが何かの価値を置きたいものとして祭りをやっていたから。
それと、常に新しいもの、越えるもの、求めること、試行錯誤が好き。停滞がきらい。同じことでも問いかけながらやれるなら最高。

現代いろは歌

(話は、いつのまにか今までとまったく違うジャンルに飛びます)

今日ははけの学校のインタビューってことで「はけのいろは歌」を作ったよ。15分くらいでできた。

(いろは歌というのは、五十音を重複なくすべて使って、意味の通る歌にするという言葉あそび)

「はけのいろは歌」
多摩に遊び
萌えゆくところ
風情連ね
目を休む
湧きぬる
流れへ下りて
散歩しよう
はけの道

いろは歌は2700以上作ったね。年号覚えの語呂合わせも数千作ってる。すべては遊び。
作るのは最初は何日もかかったけど、最近は数分~長くても30分でできちゃう。ことわざをいろは歌で作るっていうのもやった。カクヨム(WEBサイト)にも出してる。

いろんないろは歌を作っている人はいて、ネットで知り合った人とここ(ほんやら洞)で会ったりもした。むこうから会おうということでね。3つくらい年上の人。で、よく聞くと活動家だった。社青同解放派、社会主義青年者同盟解放派。

いろは歌は、ことばにはめるのは簡単だけど、意味が通じて、さらに作る意義があるというようなものは難しい。

お酒

(インタビューの終わりにはすでに10杯以上焼酎を空けている藤記さん。さすがにややふらふらした感がありますが、話に支障はありません。かなり強いです)
――お酒が好きだからお祭りが好きになったというのはあるんですか?

あるだろうね。アンデパンダンで酒を売ってたんだけど、1合150円というほぼ原価で。というのも、僕がやりたかったことのひとつが日本酒を紹介することだったから。日本酒のうまさをね。もちろんアンデパンダンもだけど。

2021年1月26日、国分寺・ほんやら洞にて
担当:野口、横田