ぶんさんうぉーく2021崖線実踏「ウォーキングデッドリバー」記録

11月21日(日)10:00~12:00 晴れ

不動橋で水を汲む

野川復活1万人アンケート達成の現地を歩く
野川河川整備計画エリアの不動橋~鞍尾根橋まで1.1キロ行程
協力:東経大地域連携センター/明星高校
案内人:ことり斎藤さん
資料:野川散策絵図(1989年・村松昭)/武蔵国分寺跡資料館
参加者:明星高校2年生8名他

東京経済大学の新次郎池


参加の高校生たちからは、

「目にとめてなかったことに興味を持つことができた」

「人の生活とともに川が変化してきたことがわかった」

「整備されている場所とされていない場所との境界をみることができとても面白かった」

などの感想がありました。

スタッフの感想
国分寺崖線上に位置し、キャンパス内に湧泉をもつ東京経済大学は、大倉財閥が取得し今も往時を残す、地形的にも歴史的にも貴重な場所であることを再認識できた。機会があれば、鉄道を挟んだ北側の早稲田実業地理研(先行して実施)との共同研究を試みたい。
今回は高校生たちに向けたプログラムを実施できてよかった。担当教官から「普段の学校では学べない新鮮な体験となった」とお礼を寄せられた。また、新次郎池のテラスが、工程のしめくくりとして効果的だった。